ウォームハーツコーヒークラブの特長3

100%が生産国の給食支援に
寄付されます

100%が寄付になる秘密

マラウイの子どもたち

あなたが飲むコーヒーの100%が
マラウイの子どもたちの給食に

ウォームハーツコーヒークラブは、売上の100%をコーヒー豆の生産国マラウイでの給食支援に使っています。

マラウイでの給食は1食およそ15円。あなたが1,000円のコーヒー豆を買うと、1,000円が給食支援活動に寄付され、65人の子どもたちが今日も給食を食べることができます。

マラウイコーヒーと給食を食べるマラウイの子どもたち

なぜ100%を給食支援に使えるの?

それは給食支援活動に賛同した複数の企業がウォームハーツコーヒークラブを支援しているからです。

コーヒー豆の仕入れ、焙煎、包装、配送。これらの全てを支援企業が負担しているので、コーヒー販売価格の100%がそのまま寄付になります。

全額が寄付になる仕組み

給食支援である理由

貧しい国では子どもの人口が多くなる傾向があります。子どもは労働力という考えや、平均寿命の短さなどによるものです。

マラウイでは人口の約半分が14歳未満の子どもたちです。1994年にやっと小学校が無償化され、入学する子どもは増えましたが、その半数近くが初等教育を終えることなく中退しています。

給食は貧しい子どもたちが学校に通う理由になります。空腹を満たすことはもちろん、教育を受け未来を切り開くきっかけになるのです。

マラウイの学校給食

寄付の使い道が明確

ウォームハーツコーヒークラブは売上の100%を、マラウイで給食支援活動を行う「せいぼプロジェクト」に寄付しています。せいぼプロジェクトでは現在、マラウイの幼稚園と小学校に通う1万5000人の子どもたちへ継続的に給食を提供しています。

マラウイ現地での活動や寄付の使い道をもっと詳しく知りたい方は、せいぼじゃぱんのウェブサイトをご覧ください。

毎日飲むコーヒーで、生産地の子どもたちを助けてみませんか?

コーヒーのお申込み